故障した時の対処法

セルモーターの故障で、エンジンが掛からない時の原因と対処法【直接叩く!!】

更新日:

車のエンジンがかからないときの原因の1つに『セルモーターの故障』があります。

そしてこのセルモーターの故障は、その場で復旧できる時と、出来ない時に別れます。

その辺りを踏まえ、セルモーター不良について解説します。

 

 

セルモーターとは?

セルモーターとは、エンジンをかける動作の一番最初に機動するパーツです。

順番で言えば、

  1. キーを回す
  2. セルモーターが回る
  3. エンジンがかかる

この様にイメージしてもらって大丈夫です。

見た目は上のように、2つの円筒のパーツが亀の親子みたいにくっついているのが特徴。

仕組みや構造はここでは省きますが、かなり重要なパーツだという事は覚えておいて下さい。

 

セルモーターが原因でエンジンがかからない時の特徴

エンジンをかける時、最初に「ガシュシュシュ〜」と音がしますね?あれがセルモーターの回っている音です。

セルモーターが故障している時は、セルモーターが回らないので音がしません。

キーを回しても、「カチッ」と音がするだけか、完全に無音です。

ただ、バッテリー上がりの時もそういった症状が出る時がありますので、その場合、バッテリーの電圧を測って判断する形になります。(※ エンジン未始動で、バッテリー電圧が12.5V近くあれば、セルモーター不良の可能性が高いです)

 

その場で復旧させる方法

もしエンジンがかからない原因がセルモーターの故障だとしたら、その場で復旧できる可能性が残っています。

故障の原因は、セルモーター内のパーツの固着のせいでセルが回らなくなっている場合が多いです。

ですので、セルモーター本体を棒などで直接ガンガン叩きながらキーを回すと、エンジンがかかる場合があります。

ただ、エンジンがかかるかどうか、コレばっかりは運ですね。いくら叩いてもうんともすんともいわない場合も多々あります。その場合は修理工場に運ぶしか手はありません。

諦めも肝心です

それに、ボンネットを空けてもセルモーターが見えない位置にある車も多数あります。その場合も当たり前ですが、直接叩けないので修理工場に直行です。

チェックポイント!
  1. まずボンネットを開けて、セルモーターが叩ける位置にあるか確認する
  2. 見つけたら棒などで直接叩きながら、キーを回す(二人でやりましょう)
  3. 運良くかかっても、かからなくても、修理工場に直行する

 

特殊なパターン

稀に、セルモーターは回っているけど「シュンシュンシュン」と空回りしているような音がして、エンジンがかからない場合があります。

そういう場合、ダメ元で同じように直接叩いてみると、パーツが噛み合ってエンジンがかかることがあります。

まあ、このパターンは稀なので気にしなくても大丈夫だと思います。

 

復旧したらそのまま走っても大丈夫?

仮に、セルモーターを叩いて無事復旧したとします。

その場合は、そのまま走っていても大丈夫です。

セルモーターはあくまでエンジン始動用のパーツですので、走行中はなんの支障もありません。

ただ、再びエンジンを停止させた時にまた動かなくなる可能性はかなり高いです。

ですので、ロードサービスを呼ぶ手間と時間を考えたら、そのまま自走で修理工場までいくのが一番いいと思います。

 

セルモーターの修理について

セルモーターの故障

セルモーターが壊れてしまったら、必ず修理工場に運ぶ必要があります。その場で叩いて復旧して”も”です。

先ほども言いましたが、その時は叩いて復旧したとしても、次もエンジンがかかる保証はどこにもありません。またうんともすんとも言わなくなる可能性はかなり高いです。

ですので、故障したとわかった時点ですぐに修理工場に入れましょう。

だましだまし乗るのはダメ!

動かなければ、ロードサービスに運んでもらい、動くならそのまま修理工場に直行するといいでしょう。

 

修理にかかる値段

これは新品に変えるのか、リビルド品に変えるのか、中古パーツに変えるのか、などいろいろな条件で値段は変わってきます。もちろん車種によってもバラバラです。

でもあえて言うなら、5万円以上は覚悟しておいたほうがいいかもしれませんね。

 

安く修理したいなら「グーピット」がおすすめ

安く修理したいなら「グーピット」の無料見積もりがおすすめです。

グーピットは、近隣の修理工場や整備工場、ディーラーが一括検索でき、尚且つ無料見積もりが何度でも可能です。

「リビルト品(整備品)で修理お願いしたいんですが。。」と明記すれば、おそらく最安値の店が見つかると思います。

ちなみに現在「Amazonギフト券」が当たるキャンペーン中ですので、是非活用してみてください。

 

 

▼ グーピットの解説記事はこちら

【グーピット】パーツの持ち込み取付けや、車検・修理を " 安く " やってくれる「近所の整備工場の探し方」

近年はインターネットの普及により「何を買うにしても店舗よりネットのほうが安い」ということが認識されつつあると思います。 カー用品も同じで、Amazonや楽天市場といったショッピングサイトで買うほうが何 ...

続きを見る

 

ハイブリッド車や、電気自動車について

ハイブリッド車や電気自動車などの、初めにエンジンの始動が必要ない車種は、基本的にセルモーターは付いていません。

ですが、ハイブリッドにも色々なタイプがありますので、一概には言えないのが現状です。

鍵を回して「ガシュシュシュ」という音がすれば、それがセルモーターの音ですので、普段から確認しておくといいと思います。

 

セルモーターの故障 まとめ

現場などでよく「こんな故障よくあるんですか?」と聞かれることがありました。

結論から言うと、どんな車でもセルモーターが故障する可能性はありますし、珍しいことではありません。

セルモーターの故障とわかった時点で、必ずすぐに修理をしましょう。

壊れても、騙し騙し使えるパーツではありませんからね

 

【2019年版】おすすめ車買取一括査定ランキング

車のおすすめ一括査定

第一位「カーセンサー.net簡単ネット査定」

カーセンサー.net簡単ネット査定」が提携している買取業者は600社を超えます。その中から厳選された30社に一括見積もりが可能。株式会社リクルートが運営する一括査定サイトなので信頼度も抜群です。しつこい電話連絡をなしに、メールのみの対応も可能というのも嬉しいところ。おすすめです。

 

第二位「ユーカーパック」

提携業者2400社という圧倒的な数字を誇る「ユーカーパック」 実車査定を先に行い、査定した車の情報のみを公開した後、オークションを開催。「もっとも高値をつけた業者のみと取引できる」という特徴を持ちます。とにかく沢山の業者に見てもらいたい方や、オークションで最高値を目指したい方におすすめです。やりとりは一社のみですので、一括査定の電話攻撃が苦手な方におすすめ。

 

第三位「ズバット車買取比較」

ズバット車買取比較」は、あなたの条件に合った車買取業者を厳選して査定を行ってもらえます。提携先200社の中から、最大10社に同時見積り。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験したというから驚きです。もちろん「ガリバー」や「カーセブン」といった大手買取業者も対応しているので、安すぎると言うことはまずないでしょう。

 

車買取 解説記事一覧

人気
車を一番高く売る方法
【車を一番高く売る方法】様々な買取形態、買取業者、一括査定サイトの中から厳選して「ベストな方法」を紹介します!

単刀直入に言います。   一番高く買い取ってもらう方法は存在します。   これは嘘ではありません。 ここでは、長年自動車業界に携わってきた私が、 車の売却にはどんな種類があるのか? ...

続きを見る

古い車を売りたい時に、一番高く買取ってもらう方法
古い車を「一番高く」買取ってもらう方法まとめ【10年落ち・10万キロ~】

先日、友人が12年落ちの車を売却したようです。 少しでも高く売れるように一括査定や買取店を回ってみたものの、どの店も高価買取にはほど遠い査定結果だったと嘆いていました。笑 通常、クラシックカーなどの人 ...

続きを見る

廃車になった車を、一番高く買い取ってもらう方法
【事故車の買取業者まとめ】廃車になった車を一番高く買い取ってもらう方法教えます【裏話あり】

この車もう直りませんよね?どうすればいいんでしょうか… ロードサービスの隊員時代に、事故をした方からよく言われた言葉です。 初めて事故を起こした時というのは勝手がわからず、業者や自動車屋さんの言いなり ...

続きを見る

セルモーターの故障で、エンジンが掛からない時の原因と対処法【直接叩く!!】

-故障した時の対処法
-

Copyright© CARWEB(カーウェブ) , 2019 All Rights Reserved.