1. ホーム
  2. 車のトラブル
  3. 故障
  4. ≫【裏技】キーレスの電池が切れた時のエンジンのかけ方

【裏技】キーレスの電池が切れた時のエンジンのかけ方

現在車の鍵といえばキーレスが主流です。

キーレスと言えば電池式。

電池式が故に、電池が切れてしまったときはなかなか困った状況になってしまいます。

ここでは、「電池切れが原因で起こるトラブルの種類、対処法」について解説します。

電池切れのキーでエンジンをかける裏技も書きますね!

 

 

電池切れが原因で起こるトラブル

電池切れが原因で起こるトラブルには、いくつかのパターンがあります。

というのも現在ほとんどの車がキーレスなんですが、車側のエンジンのかけ方が3種類あるんですよね。

タイプ別で解説します

今回バッテリー上がりの疑いは除外します

 

関連記事 【バッテリー上がりの原因と対処法 まとめ】プロがオススメするポータブルジャンプスターターも紹介します!

 

鉄のキーを回すタイプ

キーシリンダーに鍵を挿して回してエンジンをかけるタイプです。(古い車種はだいたいこのタイプです)

このタイプは電池切れになっても関係ないので、問題なくエンジンをかけれます。トラブルになることはまずありません。

もしエンジンがかけれない事があったとしたら、以下のことを確認してみましょう

 

エンジンがかけれない場合

  • ハンドルロックの異常ではないか?
  • シフトが「P」の位置にあるか?(故障でコンピューターがPの位置にあるのに、認識できていない場合もあります)

 

普段はボタン式で、緊急時は鉄の鍵が使えるタイプ

普段はキーレスでエンジンがかけれて、緊急時は鉄の鍵でもエンジンがかけれるタイプの車があります。(上の画像のようなタイプ)

このタイプはキーレスが電池切れになっても、キーレス内にある緊急用の鉄のキーでエンジン始動できるので問題はありません。

ただ例外もあります。

 

エンジンがかけれない場合

  • イモビライザー(セキュリティ)が作動している

 

イモビライザーが効いていると、キーを回すことができない車種があります。鍵を挿しても回せないんです。

バッテリーも上がってなくて、シフトが「P」の位置にあって、ハンドルロックにも異常がないのにキーが回せなかったらイモビライザーを疑いましょう。

 

完全キーレスのタイプの場合

最近ボタン式のみの車が増えてきました。

このタイプは電池切れの時に、キーレス内にある緊急用の鉄の鍵が使えないので少し都合が悪いです。

ですが、裏技が存在します。

 

キーレスの電池が切れた時のエンジンのかけ方

これです。

電池の切れたキーレス本体を、直接スタートボタンに押し付けてエンジンをかけるんです。

これは公式な技で、少しでも電池が残っていればかかることが多いです。

完全に電池がなくなっている場合は、残念ながらこれでもかからないので電池の交換が必要になります。

電池の切れそうなときは、画像のようにキーレス本体の赤ランプが点灯すると思いますので急いで交換に向かいましょう。

エンジンをかけれない場合

  • 完全にキーレスの電池がなくなっている
  • イモビライザーが作動している

 

キーレスとセキュリティの関係

キーレスとセキュリティ装置は連動していることが多いです。

通常は、キーレスでドアを解錠することでセキュリティは解除されます。

試しにキーレスを使わずにいきなり鉄の鍵でドアを開けてみましょう。「ビービービー!」と大きな警報音が鳴り響くはずです。

警告音が鳴ったら、ドアを締めてキーレスでもう一回鍵を閉めれば警告音は止まります。

しかし困ったことに、キーレスの電池が切れたときは鉄の鍵で開けるしかありません。そうすると、警告音は鳴ってしまいます。

ですので警告音が鳴ってしまっても無視して、車内に乗り込んだら迅速にエンジンをかけます。すると警告音は止まることが多いので、その足で電池交換に向かいましょう。

 

電池が切れた時の一連の動作まとめ

  1. キーレスの電池が切れる
  2. 鉄の鍵でドアを開ける
  3. 警告音が鳴る
  4. 警告音を無視して車内に乗り込む
  5. エンジンをかける
  6. 警告音が止まる
  7. 電池交換に向かう

ちなみに警告音は非常にうるさいですが、しばらくすれば止まります。警告音が鳴ったからといって焦る必要はありません。

 

どうにもならない場合

最後にどうにもならない場合を紹介しておきます

  • ドアが鉄の鍵で開けれない(カギ穴がないタイプの車)
  • セキュリティが効いていると、キーが回せない(エンジンがかけれない)タイプの車

この場合は手のつけようがありません。

仮にロードサービスを呼んでも「クレーンで吊って積車に乗せて運ぶ」等の高額な作業になってしまうだけですので、電池の交換に向かうのが一番いいでしょう。

 

キーレスの電池が切れた時 まとめ

キーレスの電池切れ問題は、上に書いたように色々なパターンがあります。

特にセキュリティの作動条件なんかは、ご自身の車でも把握しておられない方がほとんどだと思います。(ディーラーさんもそこまで詳しく説明しないと思いますので、それはしょうがないことです)

上に書いたことを試してみてもダメだったら、とりあえずロードサービスを呼びましょう。「現場点検」という無料作業の範囲でやってもらえます。

関連記事 【保存版】ロードサービスについて詳しく解説します 【JAF・自動車保険付帯・クレジットカード付帯 】

ただ、どっちみち予備の電池の1つくらいは持っておいたほうがいいでしょうね。それが一番安心です。笑

では。

※ ご自身の電池の規格を確認してから購入しましょう。

▼ お安く修理したいなら「グーピット」がおすすめです。

 

【裏技】キーレスの電池が切れた時のエンジンのかけ方

シェアをお願いします\(^o^)/