メンテナンス

車のガラスのヒビ割れの原因と修理方法まとめ【リペアキットで直せる?】

更新日:

車のガラスのヒビ割れの原因と修理方法まとめ

ある日突然気付くことが多いフロントガラスのヒビ割れ。ショックですよね。

自費で交換となったら数万円から十数万円かかってしまいます。できればそれは避けたいところ。

今回は「車のガラスのヒビ割れの原因や対処法、修理方法、保険で直るせるのか?」といった、フロントガラスのトラブルに関する解説を書こうと思います。

そのヒビ割れ案外安く直るかの知れませんよ。

 

 

フロントガラスが割れる原因

ガラスが割れる原因としては、身に覚えがなければ、飛び石が原因だと思われます。

他の車が走行中に跳ね飛ばした小石などが、フロントガラスに直撃して割れたんですね。

迷惑な話です。。。

他には、「ワイパーに異物を挟んだ状態で動かしたからヒビが入った」という場合も100%ないとはいい切れませんが、まずないでしょう。(ワイパーブレードがものを押さえつける力はそれほど強くないです。ガラスが割れる前にワイパーブレードの挙動の方がおかしくなります)

あと「劣化で割れる」という可能性も低いでしょうね。

 

車のガラス割れの修理について

まず、「どのくらいのヒビなのか?」ということが修理方法の分かれ道になってきます。

完全に割れている場合

クモの巣状に完全に割れていれば、当然丸ごと交換になります。ディーラーや修理工場にお願いするしかありません。

その際に絶対に自走で行ってはいけません。

走行中の振動により破片が落ちてきます。

必ず車屋さんか、ロードサービスに搬送してもらうようにしましょう。

 

関連記事 【保存版】ロードサービスについて詳しく解説します 【JAF・自動車保険付帯・クレジットカード付帯 】

 

ちょっとしたヒビ割れの場合

軽微なヒビ割れ程度でしたら市販の補修材で修復可能です。

そして肝心な「軽微なヒビ割れ」の基準なんですが、ガラスの仕組みついて少し理解する必要があります。

詳しく解説しますね

昔の車のフロントガラスには「強化ガラス」が使用されていました。衝撃に弱く、バラバラになってしまうのが特徴です。

しかし現在は「3層からなる合わせガラス(ガラス表面・中間膜・ガラス内面)」が主流です。

合わせガラスは衝撃に強く、たとえ割れてもクモの巣状に割れる感じで、バラバラに砕け散りにくくなっております。(事故などは別です)

 

補修で直せるの境界線

肝心な補修材で直せる境界線ですが、ヒビ割れたのが合わせガラスの外側だけなら補修できる可能性は高いです。範囲は500円玉程度までです。

ビビ割れの範囲が広かったり、中間膜を超えて車内側までヒビが入っているようでしたら一度車屋さんに相談したほうがいいでしょう。(恐らく交換になってしまいますが…)

※ 下でオススメの補修材を紹介しています。

 

保険で直せるのか?

車に乗っていれば、多くの方が任意保険には入っておられると思います。

その任意保険の中にある「車両保険」内で直すことは可能です。(車両保険は入ってる方と、入ってない方がおられますので、わからない方は一度保険証書を確認してみてください)

ただ、車両保険内で修理する場合の注意として、免責条件と等級ダウンを考慮する必要があります。

チェックポイント!
  • 設定された免責額より修理代がかかりそうなのか?
  • 等級ダウンして、来年から保険料があがってもいいのか?

この2つを考慮して決めたほうがいいでしょう。

よくわからないという方は加入している保険会社に相談しましょう。丁寧に教えてくれますよ。

 

ガラスがひび割れたまま走行したらどうなる?

結論から申しますと、振動・衝撃・温度の変化などで、ひびが拡大していきます。

それに、ひび割れた状態では車検に通りません。

間違いなく言えることは、「発見し次第早急に直したほうがいい」ということです。放置して騙し騙し乗っていても何もいいことはありません。

 

ヒビ割れの応急処置

ちなみにヒビの補修ではなく、ヒビを広げないための一時的な応急処置ができる商品も存在します。

⇒ ひびぺったん

すぐに修理できない事情があるときや、車屋さんへ向かうときは貼っておいて方がいいでしょうね。

 

表面の傷は直せるのか?

ヒビ割れにいたらない表面の軽度な傷でしたら、恐らく直すことは可能です。

一度、自動車ガラス専門店に相談しましょう。

ご自身で試してみたい方は、このような商品もあります。

 

 

おすすめのヒビ割れ補修材

さいごにおすすめのヒビ割れ補修材を紹介します。

こちらはアマゾンベストセラー商品で、口コミも高評価です。

海外製のリペア剤ですが、日本語の説明書がついてきますので安心して利用できると思います。

YouTubeに動画も上がってますので、参考にすれば失敗する可能性も低いでしょう。

 

「海外性はちょっと。。」という方は

カーメイトの「ウインドリペア プロ システムセット PS300」がおすすめです。

こちらも動画が上がってますので、比べてみて決めるのもいいと思います。

 

補修時には、マスキングテープも用意しておきましょう。

 

補修材で直した状態で車検に通るのか?

修復後に外から見てクリアな状態になっていればまず通ると思います。

通ると思いますが、最終判断は車検場の検査員です。

 

ガラス修理まとめ

ガラスの傷と言っても様々だということがわかって頂けたかと思います。

最後に私から言えることは、

発見し次第早急に直しましょう

ということです。

ほっといていいことは一つもありません。

安く済むうちに直してしまったほうがいいと思いますよ。

 

安く点検修理したいなら「グーピット」の無料見積もりがおすすめです。

車のガラスのヒビ割れの原因と修理方法まとめ【リペアキットで直せる?】

-メンテナンス
-

Copyright© CARWEB(カーウェブ) , 2018 All Rights Reserved.