故障した時の対処法

ラジエターや冷却水のトラブル・故障を解説!【修理しないとオーバーヒートを起こします】

ラジエターや冷却水のトラブル・故障を解説

エンジンとは、内部で爆発を繰り返してパワーを生み出す機関です。よって、走行中は非常に高温になります。

当然高温になれば金属は膨張しますので、ほっておけばエンジンに致命的なダメージを与えてしまいます。

それはまずいですよね

それを避けるために備えられているのが、冷却機関です。

冷却機関とは主に、ラジエター周辺のことを言います。

今回は冷却装置の仕組みを含め、故障の原因と対処法、故障の防止法を解説しようと思います。

 

 

冷却装置の仕組み

まず、冷却装置には「空気で冷やす空冷」と「水で冷やす水冷」があります。

関連 空冷&水冷エンジンの違いと、冷却水路やラジエターについて解説

バイクには空冷を採用している車種も結構ありますが、自動車は主に水冷になります。

理由としましては、バイクはエンジンが外に丸出しになっている為走行中に空気で冷やすことが可能ですが、車はエンジンがエンジンルーム内にあるので空気で冷やすのが難しいからです。

空気で冷やせないから冷却水(ラジエター液)を循環させて冷やすしかないんですね。

水冷装置のパーツは主に、ラジエター本体、ラジエターファン、ラジエターホース、サーモスタット、ウォーターポンプで構成されています。

 

冷却装置の故障でオーバーヒートを起こしてしまう

冷却装置の故障でエンジンが冷やせない状態になってしまうと、短時間でオーバーヒートを起こしてしまいます。

関連 ラジエターや冷却水のトラブル・故障を解説!【修理しないとオーバーヒートを起こします】

オーバーヒートを起こすと、臭いやいつもと違う走行フィーリング、異音などの症状で気付かれると思います。

カラカラカラという異音で気付くことも

同時に水温計が異常な数値を示し、最終的にはエンジンが停止し走行不能になり、エンジン不始動を起こしてしまいます。

そうなってしまったら、エンジンのオーバーホールもしくは載せ替えが必要になってしまいます。(非常に高額な修理費用です)

 

冷却装置の故障の原因

原因は主に3つです。

  1. 冷却水が循環しなくなる
  2. 冷却水が漏れる
  3. ラジエターファンの故障

 

冷却水が循環しなくなる

冷却水が循環しなくなる原因は、主にウォーターポンプかサーモスタットの故障です。

ウォーターポンプとは冷却水を送り出すポンプのことで、サーモスタットは冷却水の通り道にある弁のことです。どちらも非常にに重要なパーツです。

また、ラジエター内に異物が混入し詰まることもありますが、ラジエターには冷却水の通り道がいくつもあるので循環しなくなるというこことは殆どありません。

 

冷却水が漏れる

冷却水が漏れてしまうと、当然エンジンを冷やすことはできません。

漏れてしまう原因は、

  • ラジエターコックの破損
  • 飛び石などによるラジエターコアの穴あき
  • ラジエターホースの破れ
  • ホース取付部の破損
  • エンジンシーリングの破れ

などがあります

 

ラジエターファンの故障

ラジエターファンとは、ラジエターに外側から直接空気を当てるパーツです。

主に電動ファンとベルト駆動ファンが採用されており、故障の原因は電気回路の不具合(モーター不良・ヒューズ切れ)か、ベルトの不具合がほとんどです。

 

トラブル時の対処法

落ち着いて対処しましょう

冷却装置の不具合でオーバーヒートを起こしてしまったら、すぐに安全な場所に停車しましょう

故障後も冷却水を補充しながら走行される方もおられますが、一時的な対処法にすぎませんし、エンジンを痛めることに繋がるのでおすすめできません。

素直に諦めてロードサービスを呼びましょう。

関連記事 【保存版】ロードサービスについて詳しく解説します 【JAF・自動車保険付帯・クレジットカード付帯 】

 

修理方法

修理方法は、主にパーツ交換になります。

ラジエターの小さな穴程度でしたら漏れ防止剤を使ったりすることもありますが、まるごと交換になることも珍しくありません。

ホーズ等はパーツ交換ですね。

 

故障防止のポイント

パーツの故障はどうにもなりませんので防止しようがありませんが、冷却水の漏れなどは気を使っていれば気付くことは可能です。

冷却水が漏れれば当然地面に水が滴ることになりますので、駐停車時に地面が濡れます。気を配っていれば気付く確率が上がるでしょう。(クーラーの除湿水やオイル漏れと混同しないように気をつけましょう)

関連 【オイル漏れ?】駐車中に地面が濡れている、シミが付いている時の原因と対処法を解説

それと、冷却水は入れすぎるとリザーブタンクから排出される仕組みになっていますので、常日頃どのくらいまで補充してしてあるか認識しておく必要があります。水位の確認はエンジンルームから確認することができます。

 

まとめ

冷却装置は非常に重要なパーツの1つです。

異常に気付いたらすぐに対応することで修理代も安く済みます。

間違っても騙し騙し乗ることはしないようにしましょう。

最悪の場合、エンジンが壊れて廃車になってしまいますからね。

 

安く点検修理したいなら「グーピット」の無料見積もりがおすすめです。

参考記事 事故で廃車になった車を、一番高く買い取ってもらう方法【裏話あり】

 

【2019年版】おすすめ車買取一括査定ランキング

車のおすすめ一括査定

第一位「カーセンサー.net簡単ネット査定」

カーセンサー.net簡単ネット査定」が提携している買取業者は600社を超えます。その中から厳選された30社に一括見積もりが可能。株式会社リクルートが運営する一括査定サイトなので信頼度も抜群です。しつこい電話連絡をなしに、メールのみの対応も可能というのも嬉しいところ。おすすめです。

 

第二位「ユーカーパック」

提携業者2400社という圧倒的な数字を誇る「ユーカーパック」 実車査定を先に行い、査定した車の情報のみを公開した後、オークションを開催。「もっとも高値をつけた業者のみと取引できる」という特徴を持ちます。とにかく沢山の業者に見てもらいたい方や、オークションで最高値を目指したい方におすすめです。やりとりは一社のみですので、一括査定の電話攻撃が苦手な方におすすめ。

 

第三位「ズバット車買取比較」

ズバット車買取比較」は、あなたの条件に合った車買取業者を厳選して査定を行ってもらえます。提携先200社の中から、最大10社に同時見積り。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験したというから驚きです。もちろん「ガリバー」や「カーセブン」といった大手買取業者も対応しているので、安すぎると言うことはまずないでしょう。

 

車買取 解説記事一覧

人気
車を一番高く売る方法
【車を一番高く売る方法】様々な買取形態、買取業者、一括査定サイトの中から厳選して「ベストな方法」を紹介します!

単刀直入に言います。   一番高く買い取ってもらう方法は存在します。   これは嘘ではありません。 ここでは、長年自動車業界に携わってきた私が、 車の売却にはどんな種類があるのか? ...

続きを見る

古い車を売りたい時に、一番高く買取ってもらう方法
古い車を「一番高く」買取ってもらう方法まとめ【10年落ち・10万キロ~】

先日、友人が12年落ちの車を売却したようです。 少しでも高く売れるように一括査定や買取店を回ってみたものの、どの店も高価買取にはほど遠い査定結果だったと嘆いていました。笑 通常、クラシックカーなどの人 ...

続きを見る

廃車になった車を、一番高く買い取ってもらう方法
【事故車の買取業者まとめ】廃車になった車を一番高く買い取ってもらう方法教えます【裏話あり】

この車もう直りませんよね?どうすればいいんでしょうか… ロードサービスの隊員時代に、事故をした方からよく言われた言葉です。 初めて事故を起こした時というのは勝手がわからず、業者や自動車屋さんの言いなり ...

続きを見る

ラジエターや冷却水のトラブル・故障を解説!【修理しないとオーバーヒートを起こします】

-故障した時の対処法
-

Copyright© CARWEB(カーウェブ) , 2019 All Rights Reserved.