故障

【オイル漏れ?】駐車中に地面が濡れている、シミが付いている時の原因と対処法を解説

更新日:

【オイル漏れ?】駐車中に地面が濡れている

「あれ?地面が濡れてる。。」

ある日ふと気付くことがあるかもしれません。

もし気付いたら絶対に放置してはいけません。万が一オイル漏れや水漏れだった場合、そのまま走行すれば故障の原因になりかねません。

気付いた時に手を打っておきましょう。

ここでは「何が漏れているのか見分ける方法」と、その際の対処法を解説し致します。

 

 

何か漏れていたらトラブルのサイン

クルマを駐車しておいたあとに、水がたまっていたりオイルが落ちていたら、まずトラブルと思ったほうがいいでしょう。必要なものがどこかから漏れてきているということですからね。

そんな時は、まずは手で触れてみてオイルか水かを判断してみることが大切です。

 

水が漏れている場合

漏れているのが水の場合、ラジエターの冷却水が漏れている可能性が高いでしょう。ラジエターのリザーバータンクをみて、液面がMAXとMINの間にあるかを確認してみましょう。さらにラジエターキャップを開けて、内部にも水がたっぷり入っているかを確かめてみる。どちらも充分ならばまず安心です。

もし不足していた場合は、水道水でいいのでとりあえず補充しましょう。しかし、漏れたということはどこかに穴などが開いているはずです。大量に減っていた時は、すぐに修理を頼んたほうがいいでしょう。少量の時はいったん補充して様子をみてみればいいですが、長距離走行や高速走行はさけたほうがいい。それでも徐々に減っていくようであれば、必ず点検整備してもらいましょう。

関連 ラジエターや冷却水のトラブル・故障を解説!【修理しないとオーバーヒートを起こします】

稀にウォッシャー液が漏れるということもありますが、これは大したトラブルではないので心配は無用。 タンクにヒビが入っていたり、ホースの接続部分がはずれている可能性が高い。ホースのはずれ程度ならば自分でも直せるが、タンクの交換はプロに任せたほうがいいでしょう。

 

クーラーの落水を水漏れと勘違いしないようにしましょう

1点覚えておいた方がいいのは、「夏場にはクーラーから落水する」ということです。また洗車の後や雨の中を走行した後も、しばらくたってからボディ内の水がしたたってくることがあります。

これを水漏れと間違えないようにしましょう。

ですが、逆に「クーラーからの落水だと思っていたら実はラジエター液の漏れだった」いうこともありますので、判断できない時は点検しておくのが懸命でしょう。

 

オイル漏れの場合はすぐに点検、修理を!

オイル漏れの場合はすぐに点検、修理を!

オイル漏れの場合にはさまざまな可能性があります。

エンジンオイル、ブレーキオイル、ミッションオイル、ATミッションオイル、デイファレンシャルオイルなど、クルマでは各部でオイルが使われています。このすべてを点検したほうがいいでしょう。

まずは、クルマのどのあたりからオイルが漏れたかをみてみましょう。「クルマの後部中央ならば ディファレンシャル」といったように、ひと目でわかる場合もありますが、エンジンルームの下というとなかなかわかりにくいかもしれません。

しかしこればっかりは、漏れた位置に近い装置から順にオイル量を点検していくしかないでしょう。

エンジンオイルは、エンジンに付いたレベル ゲージを引きぬき、これをきれいに拭いてから、 再度元の位置に戻しもう一度引き抜いてみましょう。ゲージ先端のLとHの間に液面があればOKです。

ATトランスミッションも点検方法は同じで、 エンジンオイルのレベルゲージよりもう少しや わらかく長いゲージがエンジンの下のほうから出ているはずです。このゲージでオイル量をみてみましょう。

ブレーキオイルやクラッチオイルならば、リザーハータンクかエンジンルルーム内にあります。ここをみて液面がMAXとMINの間にあればOK。

面倒なのはトランスミッションオイルとディファレンシャルオイルです。これはオイルを入れるプラグ(ネジ)を開けてみるしかありません。プラグを開けて中に指を差しこみオイルが指先につけば問題ないということになります。

いずれの場合も、漏れた量が少量ならばとりあえずはオイルを補充すれば一時的には大丈夫ですが、ブレーキオイルの場合だけは、ブレーキ系統全体に影響がおよぶので走行はさけたほうがいい。

またエンジンオイルやトランスミッションオイル、ディファレンシャルオイルならばドレンプラグなど漏れやすい部分をしめ直すだけで回復することもあります。

 

オイル、水漏れまとめ

漏れているオイルや水の量によっては、補充だけでその場をしのげてしまうかもしれません。

しかし、オイル漏れを発見したら、とりあえずは点検整備を受けたほうがいいでしょう。

しのいでいるうちに漏れ自体を忘れてしまい「ある日突然故障」なんて事態も考えられますからね。

 

安く点検修理したいなら「グーピット」の無料見積もりがおすすめです。

-故障
-

Copyright© 車のことなら俺に聞け! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.