車の高価買取情報

【車を少しでも高く売りたい人必見!】カーセンサーの一括買取査定について徹底解説!口コミや評判は?

【車を高く売りたい人必見!】カーセンサーの一括買取査定について解説!口コミや評判は?

宮川大輔さん、川栄李奈さんのCMでおなじみのカーセンサーですが、車の買取も行っているかご存知でしょうか?

「名前だけ聞いたことあるけど内容はわからない。」という方もいらっしゃると思います。

そこで今回は「カーセンサーの車買取の特徴」や「よくある質問」「口コミ、評判」「買取査定申し込み方法」について解説していきます!

わかりやすく解説していきますので、どうぞ最後までご覧ください!

特徴その1:厳選30社から無料一括査定が可能!

カーセンサー 解説

株式会社リクルートが運営するカーセンサーネットでは、車買取の無料一括査定が可能です。

「そんなの他のサイトでもできるじゃん」と思ったそこのあなた。

カーセンサーネットでは買取提携業者数が業界最多水準の600社もあるのです。さすが大手企業が運営しているだけありますね。

そして600社の中から厳選された30社に無料一括査定が可能です。たくさんの業者から査定が可能なので、それぞれを比較でき、高額買取につながりやすいということです!

 

「でも電話とか色んなとこからかかってくるのは嫌だなあ。めんどくさいし...」

 

と思った方もいらっしゃるかも知れません。

フッフッフ。しかし、そこもさすがのカーセンサーネットなんですよ。

 

特徴その2:メールでの対応も可能!(一部の大手買取店を除く)

一部の大手買取店を除いて、わずらわしい電話連絡をなしに、メールのみの対応もできます。(※連絡希望時間の記入欄にメール対応希望と必ず書きましょう。後ほど詳しく解説します。)

私が一部のといったのは大手車買取店の中には、申し込みがあると自動電話をかけてしまうシステムがあるためです。完全に防ぐのは不可能です。

他の一括査定サイトと比べて、わずらわしさが少ないと思っていただければ結構です。

これだけユーザーのことを考えてくれるのはカーセンサーならではですね。今買取を考えている方はひとまず無料一括査定だけでも行ってみましょう。

 

▼ 「カーセンサー」の一括査定に申し込んでみたレポートはこちら!

体験レポート
買取業者の電話攻撃が嫌な方はこちら
【体験談】カーセンサーに『メール対応希望』で実際に一括査定を申し込んでみた結果。。。

一括査定というと「電話が鳴り止まない」というイメージを持ってる方が多いと思います。 実際にほとんどの一括査定サイトは営業電話がすぐにかかってきます。理由としては、一番早く実車査定の約束を取り付けたい為 ...

続きを見る

 

どんな車でも買取してもらえるの?

  • 「私の車はローンも残っているしな。」
  • 「車検も切れちゃってるし、こんな車でもいいのかな?」
  • 「自分の持っている車は少し訳ありだし買取してもらえるかわからない。」

などなどと思っている方もいるかも知れません。これはすごくよくある質問なので、これについて答えていきますね!

 

ローンがまだ残っているけど大丈夫なの?

「ローンが残っていても大丈夫です!」

が、内容は査定額とローン残債の関係で変わってきます。

査定額 > ローンの残債の場合は、査定額から残債を差し引いた額を買取店から受け取れます。

査定額 < ローンの残債の場合は、不足分をあなたが買取店に支払うことになります。

不足分は現金で支払うのが一般的ですが、買取店によっては新たにローンを組んで支払うこともできます。

また、車を売却したお店で次の車を買う場合(下取りをしてもらう場合)は、不足分を次の車の代金に上乗せしてローンを組むこともできるのです!

色んな方法がありますので、まずは遠慮無く相談してみましょう。

 

車検が切れているけど大丈夫なの?

「車検が切れていても売却は可能です!」

しかし出張査定になりますので、出張査定が有料の買取店なら必要な金額を支払う必要があります。(ほとんどの場合、無料で対応してくれると思います)

次に査定額に納得して売却を決めても、公道を走れないので、お店まで車載車で運ぶか、仮ナンバーをとって走る必要があります。いずれにしてもそのための費用がかかることになります。

そのため、車検切れの時期が近づいたら、売却するか車検を通すか、早めに決断しましょう。

 

修復歴・事故車でも大丈夫なの?

「これは場合によります。」

いずれにしても査定ダウンは覚悟しましょう。

金額や車種や年式などにもよりますが、高年式の高級セダンなど「修復歴がないことを前提に探している人が多い車」の場合、査定の大幅ダウンはやむを得ません。

また、事故車の場合は買取店側の判断となります。修復するか、廃車にするか判断しますが、特に修復を自社で行っていない場合などは、買取りを行わないケースもあります。

ちなみに「修復歴車」には自動車公正取引協会などで定義があり、例えばドアのパネルが凹んだから交換したというだけの車は、修復歴車には当たりませんのでご安心ください。

とはいえ、修復歴の定義といっても素人にはわかりにくいでしょうから、まずはそのまま買取店に査定してもらい「ドアのパネルを交換しました」など、修理したところを伝えましょう。

いずれにせよ、買取店はプロなので、見れば修復や修理の有無はすぐにわかってしまうのでご注意を。

 

カーセンサーネットの口コミは?

カーセンサーネットで一括査定を実際にした人たちの口コミを見てみましょう。

 

やはり電話攻撃がすごい様子ですね。先ほども言ったように電話が面倒な方は「メール対応希望」と必ず書きましょう。また、連絡の時間指定も可能なのでそちらも合わせて設定しておきましょう。(次の買取査定方法についてにて解説します。)

複数の業者とやりとりすることによって、高額買取になることは間違いありません。高額買取のためには仕方のないことと割り切りましょう。

 

買取の際に必要な書類はあるの?

買取の際に必要な書類

「あります!」

車を購入するときにも書類が必要ですが、車を手放す際はそれ以上に揃えなければなりません。

ちなみに、自分で揃える必要書類は普通車と軽自動車で異なります。

◆普通自動車の場合◆

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑登録証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 自動車納税証明書
  • 実印
  • リサイクル券(あれば)
  • 住民票
  • 戸籍謄本

◆軽自動車◆

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車納税証明書
  • 認印

また、お店側で用意してくれる必要書類は下記です。

  •  

【委任状】
売却する車の名義変更手続きをお店依頼する書類です。書類に実印を押すことが必要になります。
  • 

【譲渡証明書 】車を譲渡することを証明する書類です。書類に実印を押すことが必要になります。

たいていの場合はお店側が詳しく教えてくれるはずですが、念のため覚えておきましょう。

 

▼ 廃車手続き(書類紛失等)に関する詳しい解説はこちらをご覧ください。

車を売却する際に必要な書類、事務手続き一覧
【保存版】車を売却する際に「必要な書類・事務手続き一覧」 まとめ

車を売るとき、何をすればいいの? 「車を買い替えたいから、今の愛車を売りたい!」 「事故してしまい、泣く泣く手放すことに…」 など、車を手放す理由はさまざまだと思います。 けれどいざ車を売ろうと思った ...

続きを見る

 

買取された車の入金はいつされるの?

「契約から1週間程度が目安です!」

お店側によって対応が異なりますが、たいていは契約から1週間程度で銀行口座に振り込まれます。まれに現金で渡されるケースもあります。

その後は手放した車の名義変更が行われ、その証明として変更後の車検証のコピーが前オーナーに送付されるという流れです。

これにて手続きは全て完了です。

 

カーセンサー買取査定申し込み方法について

車の買取査定方法はとっても簡単です。わずか90秒で申し込みが終わります。

こちらのカーセンサー簡単ネット車査定にご所有のお車の情報を選択していくだけです。

  1. 買取査定してほしい車のメーカーを選択
  2. 車名を選択
  3. 車のタイプを入力(セダンなど)
  4. 事故歴のありなしを選択
  5. お住いの郵便番号を記入

すると、次の画面へ移動します。

次の画面では「査定対象のお車の更なる詳細の記入」、「連絡先情報の記入」、「査定申込先の選択」を行います。

 

査定対象のお車の詳細記入

  • 年式
  • グレード
  • 走行距離
  • 車検時期
  • 車の状態

を記入します。

装備、オプションなどのアピールポイントがある方は、下にある「任意項目」で記入しましょう。

 

連絡先情報の記入

  1. 氏名
  2. 住所
  3. フリガナ
  4. 希望連絡先
  5. メールアドレス

を記入します。

またこの画面の欄の下に青文字で「売却希望時期など、ご希望がある場合はこちらをクリック」という箇所がありますのでこちらをクリックしましょう。

するとこの画面になりますので、連絡希望時間のところに「メール連絡希望、電話なら何時から何時までの間」と具体的に記入しましょう。

このようにすることで、わずらわしさを少し防ぐことが可能です。

 

査定申込先を選択

最後に査定申込先を選択します。こちらは前の画面で入力した郵便番号を元に、お住いの近くの査定可能店舗が表示されています。

はじめから全ての項目にチェックがついているので、少しでも高く売りたい方はこのままの選択で大丈夫です。全て入力が終わったら、「確認画面へ」をクリックします。

そうすると確認画面が表示されるので、内容に間違いがなければ「同意の上、申し込む」をクリック。これで申し込み完了です。

先ほど入力した連絡先に電話、メールが来るのを待ちましょう。

それぞれの店舗の査定金額が分かったら、売却先を決め、対象店舗とやり取りを行えばOKです!

 

「カーセンサー一括買取査定」解説まとめ

カーセンサーネットについて少しはお分かりいただけましたでしょうか?

まとめるとカーセンサーネットを使うのがオススメな方はこんな方です。

  • 少しでも高額買取をして欲しい方
  • 大手企業運営の会社の提携先で安心して車を売りたい方
  • できる限り迷惑な電話を抑えたい方

以上に当てはまる方はぜひ一度、無料一括査定に申し込んでみてくださいね!

 

無料査定はこちらからどうぞ!

カーセンサー.net簡単ネット査定」が提携している買取業者は600社を超えます。その中から厳選された30社に一括見積もりが可能。株式会社リクルートが運営する一括査定サイトなので信頼度も抜群です。しつこい電話連絡をなしに、メールのみの対応も可能というのも嬉しいところ。おすすめです。

 

「電話対応が嫌な方」におすすめの買取サイトもあります

こちらの「車査定・買取の窓口」なら、提携業者の中から一番高価買取してくれる業者さんをあらかじめ一社に選定してから連絡をくれます。

複数の買取店との対応が面倒な方はこちらをお勧めします。

提携業者2400社という圧倒的な数字を誇る「ユーカーパック」 実車査定を先に行い、査定した車の情報のみを公開した後、オークションを開催。「もっとも高値をつけた業者のみと取引できる」という特徴を持ちます。とにかく沢山の業者に見てもらいたい方や、オークションで最高値を目指したい方におすすめです。やりとりは一社のみですので、一括査定の電話攻撃が苦手な方におすすめ。

 

【2019年版】おすすめ車買取一括査定ランキング

車のおすすめ一括査定

第一位「カーセンサー.net簡単ネット査定」

カーセンサー.net簡単ネット査定」が提携している買取業者は600社を超えます。その中から厳選された30社に一括見積もりが可能。株式会社リクルートが運営する一括査定サイトなので信頼度も抜群です。しつこい電話連絡をなしに、メールのみの対応も可能というのも嬉しいところ。おすすめです。

 

第二位「ユーカーパック」

提携業者2400社という圧倒的な数字を誇る「ユーカーパック」 実車査定を先に行い、査定した車の情報のみを公開した後、オークションを開催。「もっとも高値をつけた業者のみと取引できる」という特徴を持ちます。とにかく沢山の業者に見てもらいたい方や、オークションで最高値を目指したい方におすすめです。やりとりは一社のみですので、一括査定の電話攻撃が苦手な方におすすめ。

 

第三位「ズバット車買取比較」

ズバット車買取比較」は、あなたの条件に合った車買取業者を厳選して査定を行ってもらえます。提携先200社の中から、最大10社に同時見積り。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験したというから驚きです。もちろん「ガリバー」や「カーセブン」といった大手買取業者も対応しているので、安すぎると言うことはまずないでしょう。

 

車買取 解説記事一覧

人気
車を一番高く売る方法
【車を一番高く売る方法】様々な買取形態、買取業者、一括査定サイトの中から厳選して「ベストな方法」を紹介します!

単刀直入に言います。   一番高く買い取ってもらう方法は存在します。   これは嘘ではありません。 ここでは、長年自動車業界に携わってきた私が、 車の売却にはどんな種類があるのか? ...

続きを見る

古い車を売りたい時に、一番高く買取ってもらう方法
古い車を「一番高く」買取ってもらう方法まとめ【10年落ち・10万キロ~】

先日、友人が12年落ちの車を売却したようです。 少しでも高く売れるように一括査定や買取店を回ってみたものの、どの店も高価買取にはほど遠い査定結果だったと嘆いていました。笑 通常、クラシックカーなどの人 ...

続きを見る

廃車になった車を、一番高く買い取ってもらう方法
【事故車の買取業者まとめ】廃車になった車を一番高く買い取ってもらう方法教えます【裏話あり】

この車もう直りませんよね?どうすればいいんでしょうか… ロードサービスの隊員時代に、事故をした方からよく言われた言葉です。 初めて事故を起こした時というのは勝手がわからず、業者や自動車屋さんの言いなり ...

続きを見る

-車の高価買取情報
-,

Copyright© CARWEB(カーウェブ) , 2019 All Rights Reserved.