事故の対処法 自動車保険

【無保険車と事故したらどうなるの?】プロが体験談を交えて、事故の対応やお金、任意保険、過失の割合などについて解説します

先日私の奥さんが任意保険に入ってない車に追突されました。

相手は80歳くらいのご老人で、会話はある程度できる感じ。

私は元々ロードサービスの隊員をしていたこともあり、事故の対応には慣れていたんですが奥さんは全くの素人。

  • 「相手は保険入ってないけど、お金払えるの?」
  • 「追突されても私の保険使うの?」
  • 「治療代って私が建て替えるの?」
  • 「車の修理代は?」
  • 「これで等級下がるとか最悪なんだけど笑」

こんな感じで、わからないことだらけで少しパニックになってました。

一般の方が同じ状況になったら、私の奥さんと同様に分からないことだらけで参ってしまうことだと思います。

それに一説によると全体の4分1が任意保険未加入という話もありますからね。もう人ごとでは済まない状況でしょう。

ここでは、

  • 追突事故による過失の割合について
  • 無保険車に対する正しい対応
  • 金銭面について
  • ご自身の任意保険について

この3点に的を絞って解説していこうと思います。

スポンサーリンク

今回の追突事故の状況

追突事故による過失の割合について

実際の現場の写真

イメージしやすいように今回の状況を簡単に紹介します。

追突の状況

信号が赤でゆっくり動いてるところに、後ろから追突

 

保険の有無

こちらは自賠責、任意保険共に加入

相手は自賠責のみ

 

現場でまずやったこと

  • 警察に連絡
  • 保険屋さんに連絡
  • 相手と個人情報の交換

 

追突事故による過失の割合について

過失の割合についてですが、事故には色々な状況がありますのであくまでも「今回は」という形で、参考にしてもらえたらと思います。

結論から言うと、100対0で相手が悪くなりました。

通常、両車両共に動いてる状況での事故で100対0はまずありません。いくらか比率が発生します。

ですが、追突事故となるとこういう場合があるようですね。もちろん「急ブレーキをかけたところに突っ込んできた」「駐車禁止のところに停めていた」等は例外だとおもいますので気を付けてください。

ちなみに比率の決定は保険屋さん同士が話し合いで決定します。そこには契約者本人も警察も入り込むことはありません。(警察は民事不介入です)

よく保険屋さんの決定にゴネる方がいるようですが、あまり気持ちのいいものではないので基本お任せしましょう。どうにも納得いかなかったら言ってもいいと思いますが。。。

 

無保険車に対する正しい対応

まず、ここで言う無保険車と言うのは「任意保険に入ってない車」という前提でお話しします。(自賠責保険にも入ってないとしたら、それは無車検運転になりますので話が変わってきます)

正しい対応としては、全てご自身の保険屋さんにお任せして大丈夫です。

やる事といえば、

  • 現場にて、相手の情報(名前、電話番号、住所、車のナンバー)を聞き出す。
  • それを保険屋さんに伝える

この2点のみ。

すると保険屋さんがこちらにいちいち確認を取る事なく、どんどん話を進めてくれます。

そのあとの流れとしては、

  1. 保険屋さんが相手に連絡をする
  2. 保険屋さんが相手の自賠責保険に請求をかける

このようになります。

何もしなくていいと言うのは、本当に助かりますね。

 

金銭面について

一番気になるのは金銭面だと思います。

 

任意保険に入ってないのにお金を払えるの?

結論から申しますと、相手が「自賠責保険」に入っていれば大丈夫です。

自賠責保険というのは、こういう状況で本領を発揮する保険です。

問題なく支払われますので安心してください。

 

保険金が入るまで、お金を立て替えたりするの?

結論から申しますと、100対0の場合建て替えを含め、こちらがお金を出す場面は一切ありません。

  • 車の修理
  • 病院の治療代
  • 代車、レンタカーの手配(特約に入っている場合)

これら全て保険屋さんが支払いまで手配してくれます。

例えば、

  • その日のうちに病院に行くよう警官に促されるんですが、その際にも保険屋さんが病院に連絡してくれて支払いが免除されます。
  • 車の修理も当然支払う必要はありません。車屋さんが保険に直接請求をかけます。

至れり尽くせりですね。

こちらがやる事といえば、保険屋さんに

  • 診察に行く病院名を伝える
  • 修理に出す車屋さんを伝える(探してもらう)

この2点くらいです。

逆に保険を使わなければ、支払う場面も出てきますので注意してください。

 

任意保険の等級は下がるの?

こちらも気になりますよね。

今回の場合100対0ですので、こちらの保険は使いませんから等級は下がりません。等級も保険料も据え置きです。

そう考えると、保険料上がらないのにここまでやってくれる任意保険て本当にすごいですね。高い保険料払ってるだけあります。笑

ちなみに過失割合が発生して保険を使う場合は、3等級下がり保険料も上がることを覚悟しておきましょう。金額によっては保険を使わないほうがいい場合もあるので、そこは慎重に判断しましょう。(保険を使う前に保険屋さんに確認するといいと思います。)

 

事故処理の後にやること

現場での事故処理が終わったからといって、それで終わりではありません。

  1. 警察とお別れしたらまず病院へ行って「診断書」を必ず貰いましょう。同乗者がいたら同乗者の分も貰います。
  2. 診断書をもらったらその足で警察署へ向かいます。改めて事故の状況などを説明します。

ここまでやって、やっと終わりです。

 

診断書を出すと、物損事故から人身事故になる

余談なんですが、事故現場の時点では「物損事故」という検証で終わっている場合があります。

そういった場合は必ず診断書を持って警察に行き、「人身事故」にしてもらいましょう。

人身事故になると、保険や相手の免許の減点数など色々と変わってきます。(診断書の内容によっても相手の免許の減点数が変わります)

たまに、「今痛くないから大丈夫!」と相手を気遣ってその場で判断してしまう方がいますが、むち打ちなどは後日痛くなることが多いです。その場ではアドレナリンが出ていて痛みがなく、落ち着いた頃に痛くなってくるんですね

ですので、事故を起こしたら必ず病院に行きましょう。

 

無保険車に事故を起こされた時にまとめ

任意保険の等級は下がるの?

最後にもう一度まとめておきますね。

 

ご自身でやること

  1. 事故発生を警察に連絡
  2. 保険屋さんに連絡
  3. 相手の情報を聞き出す
  4. 保険屋さんに相手の情報を伝える
  5. 今から行く病院名と、修理に出す車屋さんを保険屋さんに伝える(探してもらう)
  6. 病院へ行き、診断書を貰う(同乗者全員分)
  7. その足で警察へ行き、もう一度状況説明

 

保険屋さんがやること

  • 相手に連絡
  • 相手の保険会社に連絡(自賠責)
  • 病院へ契約者が行くことを連絡
  • 修理工場へ連絡
  • 代車、レンタカーの手配(特約があれば)
  • 相手の保険屋さんと過失割合の話し合い
  • アフターケア

事故を起こすと慣れていないのもあり、なかなか冷静に判断できませんよね。

ですが保険会社のオペレーターさんはプロです。ちゃんとやる事をナビゲートしてくれるので安心してくださいね。(わからないことや不安な事があったらその都度電話して聞いてみましょう)

というわけで、「無保険車と事故した時の対処法まとめ」でした。

 

▼ 事故車は専門買取業車に買い取ってもらうのがお得です!

解説
廃車になった車を、一番高く買い取ってもらう方法
【事故車の買取業者まとめ】廃車になった車を一番高く買い取ってもらう方法教えます【裏話あり】

この車もう直りませんよね?どうすればいいんでしょうか… ロードサービスの隊員時代に、事故をした方からよく言われた言葉です。 初めて事故を起こした時というのは勝手がわからず、業者や自動車屋さんの言いなり ...

続きを見る

 

▼ 安い修理工場探しはこちら

【グーピット】パーツの持ち込み取付けや、車検・修理を " 安く " やってくれる「近所の整備工場の探し方」

近年はインターネットの普及により「何を買うにしても店舗よりネットのほうが安い」ということが認識されつつあると思います。 カー用品も同じで、Amazonや楽天市場といったショッピングサイトで買うほうが何 ...

続きを見る

 

【2019年版】おすすめ車買取一括査定ランキング

車のおすすめ一括査定

第一位「カーセンサー.net簡単ネット査定」

カーセンサー.net簡単ネット査定」が提携している買取業者は600社を超えます。その中から厳選された30社に一括見積もりが可能。株式会社リクルートが運営する一括査定サイトなので信頼度も抜群です。しつこい電話連絡をなしに、メールのみの対応も可能というのも嬉しいところ。おすすめです。

 

第二位「ユーカーパック」

提携業者2400社という圧倒的な数字を誇る「ユーカーパック」 実車査定を先に行い、査定した車の情報のみを公開した後、オークションを開催。「もっとも高値をつけた業者のみと取引できる」という特徴を持ちます。とにかく沢山の業者に見てもらいたい方や、オークションで最高値を目指したい方におすすめです。やりとりは一社のみですので、一括査定の電話攻撃が苦手な方におすすめ。

 

第三位「ズバット車買取比較」

ズバット車買取比較」は、あなたの条件に合った車買取業者を厳選して査定を行ってもらえます。提携先200社の中から、最大10社に同時見積り。利用者の7割が5万円以上の査定額差を体験したというから驚きです。もちろん「ガリバー」や「カーセブン」といった大手買取業者も対応しているので、安すぎると言うことはまずないでしょう。

 

車買取 解説記事一覧

人気
車を一番高く売る方法
【車を一番高く売る方法】様々な買取形態、買取業者、一括査定サイトの中から厳選して「ベストな方法」を紹介します!

単刀直入に言います。   一番高く買い取ってもらう方法は存在します。   これは嘘ではありません。 ここでは、長年自動車業界に携わってきた私が、 車の売却にはどんな種類があるのか? ...

続きを見る

古い車を売りたい時に、一番高く買取ってもらう方法
古い車を「一番高く」買取ってもらう方法まとめ【10年落ち・10万キロ~】

先日、友人が12年落ちの車を売却したようです。 少しでも高く売れるように一括査定や買取店を回ってみたものの、どの店も高価買取にはほど遠い査定結果だったと嘆いていました。笑 通常、クラシックカーなどの人 ...

続きを見る

廃車になった車を、一番高く買い取ってもらう方法
【事故車の買取業者まとめ】廃車になった車を一番高く買い取ってもらう方法教えます【裏話あり】

この車もう直りませんよね?どうすればいいんでしょうか… ロードサービスの隊員時代に、事故をした方からよく言われた言葉です。 初めて事故を起こした時というのは勝手がわからず、業者や自動車屋さんの言いなり ...

続きを見る

-事故の対処法, 自動車保険
-,

Copyright© CARWEB(カーウェブ) , 2019 All Rights Reserved.