1. ホーム
  2. 車のトラブル
  3. 故障
  4. ≫車がエンストする原因を徹底解説

車がエンストする原因を徹底解説

突然エンジンが停止することをエンストと言います。

一度エンストしてしまうと、ガス欠以外はその場での復旧は難しいのが現状です。

ではなぜ突然エンストしてしまうんでしょうか?

ここではいくつかあるエンストしてしまう原因を徹底解説し、対処法などにも触れていきたいと思います。

 

 

エンストの原因と症状

エンストの多くは、燃料系、点火系、吸気系のトラブルです。

症状 原因
後ろに引かれるようにエンストする 点火系のトラブル
ガクガクしながらエンストする 燃料系のトラブル
車体が傾いている時にエンストする 燃料ポンプのトラブル
アクセルを踏み込むとエンストする 燃料センサー系のトラブル
アクセルオフにするとエンストする バキュームセンサーなど制御系のトラブル
エンジンルームから「シュー」という音がする ホースなどからのエア漏れ
ガラガラ異音を発しながらエンストする オーバーヒート

上の表を見て頂ければわかると思いますが、エンジン本体に原因があることはめったにありません、

エンジンに付随するパーツが不具合を起こし、結果エンストしてしまうんですね。

  • 点火系は、スパークプラグやイグニッションコイルの不具合
  • 燃料系は、ガス欠や燃料ポンプ、燃料センサーの故障
  • 制御系はバキュームセンサー

これらのパーツを1つずつ潰していけばおおよその原因はわかります。

ちなみにオーバーヒートが原因のエンストですが、オーバーヒートを起こしてしまうにはいくつかの理由があり、これまたエンジン本体の不具合が原因ではありません。

関連記事 ⇒ ラジエターや冷却水のトラブル・故障を解説!【修理しないとオーバーヒートを起こします】

 

原因の見つけ方

まず、

  • 燃料ライン
  • 点火系
  • 吸気系

の順に見ていきます。

 

吸気系のインジェクションは電子制御部品が使われていますので、OBD Ⅱなどのテスターを使用して検査することになります。(昔でしたらキャブレターのスクリューを操作しながら調整できました)

異常が見つかれば部品交換という流れですね。

 

エンスト系最大の故障

エンストしてしまうような故障の中で、一番重症なものはオーバーヒートでエンジンが焼き付いてしまうことだと思います。

エンジンが焼き付いてしまうと、エンジンは完全停止し最終的には再始動すらできなくなります。

原因としては、ピストンリング・シリンダー・カム弁といったエンジン内の可動部が熱で膨張して動かなくなってしまうんですね。

 

故障防止のポイント

エンストしてしまう原因は目に見えない場所で起こっていることが多く、あらかじめ予想するのは非常に難しいです。

ですので、日頃の点検やメンテナンスをしっかりやるしかありません。

それに加えて、水温計、油温計、オイル警告灯などの異常にいち早く気付くことで、最悪の事態を免れることができるでしょう。

▼ お安く修理したいなら「グーピット」がおすすめです。

車がエンストする原因を徹底解説

シェアをお願いします\(^o^)/